スマホキャッシングできる借金の簡易さを気を付ける

スマホキャッシングできる借金の簡易さを気を付ける

スマホキャッシングをできる消費者金融業者は非常に多い。

 

 

 

 

審査から借りだしまでスマホと電話で完結する場合もある。

 

 

 

また自動販売機みたいな形で、無人の場所から借り入れもアコムなら可能ですよね。

 

 

 

 

 

借り入れの多様性が増えても、借金返済の形は今後の課題だと思う。

 

 

 

スマートフォンを持ち歩くといつも情報を持ち歩いていると感じるようになり、SNSは私たちの生活の中で欠かせなくなっています。 スマートフォンを持ち、ネットのラインやFace bookをときどき見ています。

 

 

 

 

借金返済の仕事人.com

 

 

 

借金は借りやすくなった現状だからこそ返済を常に頭に入れる必要があります。

 

 

 

 

誰かの投稿が気になる友人は、「今○○にいます」、「○○やっています」などよく投稿をし、投稿した記事にどのくらい「いいね」があるのか、コメントがあるのかを一日中気にしていました。 さらに、送信したラインのメッセージが既読になっているかなどスマートフォンが手放せませんでした。 

 

 

 

 

 

しかし、とても疲れているように見える友人にSNSをやめるよう忠告し、1ヶ月だけやめる約束をしました。 最初のうちはすぐスマートフォンを手に取ってしまいましたが、ラインやFace bookは見ていませんでした。

 

 

 

 

人間の脳は同時に2つのことを処理することはできないにもかかわらず、同時に処理していると思い込んでいるそうです。 

 

 

 

 

脳の働きを切り替える必要がある同時に何かを行う生活を続けると増えてしまうストレスホルモンによって攻撃された脳細胞が破壊され、処理機能の低下や認知症と同じような状態になるそうです。 

 

 

 

 

 

テレビを見ながらSNSを行うと、脳機能の6割が破壊されると言われています。 また、就寝前にホットタオルなどで目を温めると、疲れた脳の緊張がほぐれるそうです。

 

 

人の行動を羨ましく思い、多くの友人がいると思っていた友人は、ストレスホルモンのことを知りSNSをきっぱりやめました。 

 

 

 

 

友人と楽しい時間が過ごせる、必要なことは直接電話などで連絡が来る、仕事や家事に専念できるなど、やめて多くのことに気づいたそうです。 

 

 

 

 

 

四六時中SNSをしていると他のことができず、SNSにどれだけ依存していたのか、やめると分かります。

 

 

必要な情報を得て楽しむためのSNSを否定するわけではありませんが、依存してしまうことが無いよう適切な利用時間を考える必要があります。

 

 

大学生は今でも仕送りが少なかったりと、なかなかの貧困生活を強いられているようです。が、僕の場合は、スポーツ推薦だったことでその貧困生活は他の友達とは比べれれない程ひどいものでした。

 

・とにかく毎日が眠い

 

学生の本分はもちろん勉強なわけですが、スポーツ推薦で入学した僕には、授業や課題+週4回の部活がありました。部活は17時?21時まであり、当然その時間を休んでバイトに行くことはできません。つまり、バイトはそれ以外のほとんどの時間に詰め込まないと生活できないというわけです。

 

 

 

 

当然のようにバイトは深夜帯になってきます。正直言うと、僕は夜がめっぽう弱く、深夜に働く気力なんて皆無なのです。

 

 

 

 

 

ですが、部活を継続するには試合の遠征費や大会出場費、部費などお金がたくさんかかります。僕は眠い目をこすりながら、ぼーっとした頭で月5万円を稼ぐために、コンビニの深夜バイトでお金を稼ぎました。

 

ただ、毎日の睡眠不足の中で嬉しかったことがあります。廃棄の弁当やパン、デザートが食べ放題で食費の心配がなかったこと。

 

 

 

 

それに最新の雑誌も読み放題。今のように、映画や雑誌が読み放題のネットサービスがなかった時代だったので、パソコンもテレビも家にない僕にとって、娯楽を楽しめる唯一の時間でもありました。

 

 

 

 

が、雑誌の付録の中身を全部間違えていれたり、部活後に眠ってしまってまる一晩バイトを欠勤してしまって大目玉をくらったこともあり、学生時代は「毎日とにかく眠かった」印象が強いです。おかげで授業中は爆睡モード。本末転倒です。

 

 

 

・月10万円あれば貯金すらできる

 

 

 

多くの人は「毎月の給料が少ない」と愚痴をもらしますが、学生時代に貧困生活を4年も経験した僕から言わせてもらうと、「20万円もらったらあまり過ぎる」というのがホンネです。貧困生活を体験している時は、彼女に誕生費プレゼントを買ってあげるために友達にお金を借りました。お金がなくなれば、ヤフオクで家にあるものを売ったり、短期で警備員をしたりと大変な毎日でした。

 

ですが、今思うと学生時代の貧乏が今の僕の生活に、心の余裕をもたらしてくれていることは間違いないと感じています。生活が苦しいと困っている人が多い中、僕は極限まで生活レベルを落とす方法を把握しているので、今では僕の1つの強みになり、貧困経験は心の支えにもなっています。