勢いだけの末路!結婚は計画的に

勢いだけの末路!結婚は計画的に

これまで勢いで生きてきました。子供が出来たから結婚し、授かりものだからと特に気にせず産み続け子供は3人に。

 

 

家は手狭になり、住宅を購入しました。どんぶり勘定で、助成や今までの収支から行けるだろう!

 

 

との判断で一軒家を購入。けれど見通しが甘く3年も経てばだんだん立ち行かなくなってきました。

 

 

 

ちょっとの赤字も地理も積もれば山となり、月々の支払いをすれば残るのは僅かな生活費。業務スーパーで食料をまとめ買いし、小分けで冷凍。風呂水で洗濯・水やりで節水。どうしても月末足りない時はカードを使っていました。

 

 

 

 

そしてまた翌月引き落とし、だんだん生活費が圧迫されていきます(当たり前ですよね)。

 

 

不用品や売れそうなものはネットオークションやフリマサイトで売り、使えそうなものもそこで中古で購入したり。待機児童の多い地域で、待てど暮らせど入所決定の通知はこず、ひとまず認可外に通わせるお金も捻出できません。

 

 

 

ここで誰かが倒れたりしたら一発アウトの綱渡り状態で今もなんとか生活しています。クラウドサービスを利用し、少しでも生活のたしになればとライターを始めました。ここでわかったことは、経験はお金になるということ。

 

 

 

なんでも自分で経験し、それを文章にすることで原稿料が貰えるのです。あれこれの節約法や、悔しい想いも、需要があればお金になるのです。

 

 

まだ生活の立て直しは途中段階、節約も仕事も小さいことからこつこつこなしている最中です。使うのは一瞬、稼ぐのには何倍もの労力と時間がいります。

 

 

 

 

悲観的にならず、真面目にやっていけば道は開けると信じ毎日を過ごしています。そして何事も計画的に取り組んでいかなくてはならないんだという事を、自分含め子供達にも教えている最中です。